SNK TOP > 環境方針

環境方針

環境理念

三化工業は、地球環境の大切さを認識し、環境保全を考慮した企業活動をそこで働く者全てで行う。

スローガン

「人と地球に優しい商品造りで、環境負荷の低減を図ろう」

環境方針

埼玉工場は、三化工業の製造事業所であり、IHクッキングヒーター、ラジエントヒーター、プレートヒーターなどの電気コンロの製造を行っていることを踏まえ、また、開発技術本部はこれらの製品の開発、設計及び改善を行っていることを踏まえ、以下の方針に基づき環境管理活動を行う。

  1. 三化工業の活動、製品、サービスに係わる環境影響を常に認識し、環境汚染の予防と環境に優しい商品開発及び資材購入を行い、環境影響の低減を図ると共に環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
  2. 三化工業の活動、製品サービスに係わる関連法規、規則、条例、協定及び三化工業が同意するその他の要求事項を順守する。そのために自主基準を定め管理する。
  3. 三化工業の活動、製品、サービスに係わる環境影響の内、以下の項目を環境管理の重点テーマとして取り組む。
    • (1) 製品含有化学物質の管理(有害化学物質の排除・情報伝達)
    • (2) ゴミの削減(再資源化の活動による排出量の削減、再資源化を考慮した商品開発の推進)
    • (3) 地球温暖化防止の推進(電気エネルギーの使用量削減、待機電力の削減)
    • (4) グリーン調達(環境に配慮した品物の購入)
  4. 三化工業の環境方針を達成するため、環境目的・目標を設定し、全従業員が力を合わせ目標達成に努める。また、環境目的・目標は、代表取締役が1回/年見直しを行い必要に応じて改定する。
  5. 三化工業の環境方針を達成するため、この方針を三化工業で働く者全てに周知させると共に、取引先にもこの方針へのご理解とご協力を要請する。
  6. この環境方針は、三化工業のホームページで開示し、誰でも入手可能にする。

制定 2005年 12月 15日
改定 2012年 5月 28日

三化工業株式会社 会長 飯 塚 理 夫